東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」

先週、今年最初のリハを行った。

今回は春1号を持っていかずに久しぶりに手元に戻ったFirebird'76を初めてガロンヌで使用した。感触としてはかなり良かったので春1号と気分で使い分けようと思う。


さて、以前ベースのIkedaが書いたこの記事(干し肉つくってみた)を覚えているだろうか?一番反響があった記事でこのブログの存在価値がなんなのかわからなくなった記事だ(笑)

今回のリハで彼はこの間作った干し肉を持ってきてくれた。その画像がこれだ。

干し肉


黒くてあまり美味しそうに見えないかも知れないが、実際はかなり美味しかった。Tarcisioはスタジオのロビーでビールかなんか飲んでいて最高のツマミになったようだ。さらにTarcisioはこの干し肉に触発されて自分でも作ってみる宣言していた。

しかし新宿ペンタのロビーで干し肉を喰らう我々は少し奇異に見えたかもw


次回予告:1960年代末期に現れた史上最悪のロックンロールバンド、その正体を追え!

干し肉。


なんかソソられるこのアイテム。
荒野っぽいというかテキサスっぽいというか。
ギャートルズの肉への憧れにも似た感覚。


それはつまりロマンですよ。


そこで金土日をかけて実際に干し肉作りに挑戦してみた!

では作業手順です。全部テキトーです。

材料:スーパーで見切り品(半額)の薄切り牛肉、塩、黒胡椒、醤油

1.下味付け
肉に満遍なく塩、黒胡椒を振りまいてキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で一晩寝かす。醤油は香り付け程度。
乾燥したら小さくなることを意識して塩を振るほうが良いかも。胡椒はたっぷりで良いと思う。
(金曜日夜)


2.干す
翌朝、1をベランダで干す。

うーん、どうですか、この色・黒胡椒っぷり。
可能性、将来性ってヤツがビンビン伝わってくるぜ。

直射日光はあまり良くないような気がするのだが当日は薄曇だったので、まあいいか。
で、夕方取り込んで部屋干し。
(土曜日)


3.次の日も干す。
お出かけの予定なのでそのまま部屋干し。
(日曜日)
1日でなんだかそれっぽくなってきたでしょう?



4.その次の日も干す。
「すみません、今日休みます。肉干してんすよwww」
って会社を休むわけにもいかないので、そのまま部屋干し。


5.できた(らしい)。
出来上がった…のか?
いや、作ったことも食べたこともないから正解がわからないんだよね。


とりあえず食べてみる。


ウマイ!( ゚∀゚)
ビーフジャーキーですわ、これ。酒がすすむでしかし。少し歯ごたえが足りないけど。
超簡単だったし。


6.その他
外で干すときはカラスや猫には注意。
実際にベランダにカラスが止まってました。すぐに追い払ったけど遠くから暫らく監視されてましたw

あとは猫のベランダ侵入を甘く見てはいけない!参考動画を紹介します。


まあ、干物ネットがあるとかなり捗るんで。買っちゃおうかな。


肉は脂が少ないものにすべき。赤身が多い方がよい。
また、脂身が酸化すれば味が落ちると思われる。保存食なのに。


たまにはグルメネタもいいですよね。

-->
1


profile

記事数:195
最終更新日:2017/11/16

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode