東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」


5/28の吉祥寺曼荼羅で初CD発売して7/9に大久保水族館で主催やって7/30に新宿ゴールデンエッグで演奏してきたガロンヌです。いろんな人が来てくれたり懐かしの人と再会できたり、まさかのご夫婦に加え披露宴から2次会へ向かう途中で見に来てくれた人がいたりとひたすら感謝の日々です。

ガロンヌの次のライブは決まってないのですが、みきと自分の2ピースバンドLobster's Redでのライブが急遽決まりました。

日時:2016年8月21日(日)OPEN:17:50 START:18:10
場所:大久保水族館
東京都新宿区百人町1-10-7-B1 
HP:http://naks.biz/suizokukan/
Charge:1,500円(1Drink込)
イベントページ:https://www.facebook.com/events/1226007104100311/

タイムテーブル:
18:10〜18:45 Lobster's Red http://lob.garonne.jp/
18:55〜19:30 mildsalt http://mildsalt.com/
19:40〜20:15 ゆうじたろう https://www.facebook.com/YujiTaro20th/
20:25〜21:00 The Three Funks https://www.facebook.com/The-Three-Funks-1526844064276958/

各バンドの紹介
Lobster's Red
僕らです。今回は初の35分セットに挑みます!参考動画は去年のスタジオライブの映像です。


mildsalt(Gt.福本公四郎, Vo.みかみかずこ)
数々のアイドルやアニメ、ゲーム等に楽曲を提供している音楽クリエイターユニットです。動画見たんですがギター半端ないです!初めて見るのですがこれは楽しみです!


ゆうじたろう(ウネタユウジ Vo.&Gt., 坂川太郎 Pf.)
いつもテクノサウンドを聴かせている彼らですが今回はアコースティックで攻めるそうです。これも楽しみです!動画はテクノユニットのものです。


The Three Funks(Nao, Ricky,Shin)
ダンス無し、ホーン無し、コーラス嬢無しのファンクバンド。ひたすらJBなバンドです!動画は5月の曼荼羅でのライブです。


そして11/15、毎年恒例の富GフェスへLobster's Redとアッシュブロンドロブスターで参加しました。

「アッシュブロンドロブスター」とは「アッシュブロンドロデオ」のアイザワさんと影ドン、それにLobster's Redがリズム隊に加わった臨時のバンドです。曲はアッシュブロンドロデオの「オトコってそんなもの」とG.G SOULFUL FAMILYの「工事現場で歌う歌」の2曲を演奏しました。


そしてLobster's Redですが、なんと藤沢卓ちゃんが「出番までヒマだから一緒にやらせて」と言ってきたので急遽アコーディオンが加わった形に。こちらは富Gのカバー「コアラの街」と自分達の楽曲「ガマガエル」「ハウリング」「ミラクルこねこちゃん」を演奏しました。

アコーディオンが加わったことで面白くなりました(笑)「コアラの街」はなんかサイケっぽかったです。動画がこちら→https://www.youtube.com/watch?v=gXldBJFshAc

まあ自分達の演奏が終わって飲んだくれたんですが、なんとテクノユニットの「ゆうじたろう」がハウリングのカバーを演奏!これで自分らの曲がカバーされたのが3回目だ!でも驚いた!マイナーキーになってるし!


今年も楽しく終わったぜ!(続く)

先週の土曜日、人生初の試み「スタジオでのライブ」イベントを【 Re:O 】さんと共同主催でやってみました。

正直思ったより面白くまた音響面でも良かったです。使ったのは水道橋NODE 303stです。このスタジオは横長だったので下記のように配置しました。コンセプトは文化祭の模擬店(笑)


こんな感じにセッティングしていくとなんか「これいいんじゃない?」感がすごい増して、セッティング終了後誰も来なくても演奏者だけでも楽まるじゃん!的に歓談していたらボギーズやゆうじたろうで鍵盤弾いているたろうちゃん、メタライのハチさん、以前一緒にバンドやっていたdekkaiさん(なんと会うのは数年ぶり)も来たりその他いつもの中西さんとかガロンヌのベースとか来てくれて椅子はほぼ満席になりました(少ない笑)人に向かって演奏してる感が半端なく感じてなかなか新鮮でした。

演奏中のLobster's Red。写真は【 Re:O 】さんが撮影


で同じく演奏中の【 Re:O 】さんのバンド「日曜どうでしょうα」以前見たときより演奏がグっとしまってて良かったです!


そして全部終わってからナオキ君が来ました。こいつ相変わらず面白いなあ。終了後ジャムったりなんだりしていろいろ満喫しまして終わりました。

やってみてわかった事

1.スタジオの音なので普段通りの感覚で出来る
2.移動できるモニターが複数あるとやりやすい。
3.1階に大きなスタジオがあるところだと入りやすいかも。
4.フリードリンク置き場をみんなが取りやすい位置にしたほうがいい
5.何かしら照明効果があるものがあると尚可。DJ用の音に反応するやつとか。
6.5人もくれば満席気分が味わえる(笑)
7.重要!トイレが複数ある!並ばなくても大丈夫!

特に1はたろうちゃんが「スタジオでいい感じに演奏出来た時にこのままの音でやりたいって思う事がある。そういった意味ではすごくいい」と言ってましたし自分もそう思いました。

見に来てくれた方はみんなバンドマンだったんですが結構評判良くてまたやってみようかなと思ってます。


今週末の10/3土曜日に水道橋ノードでスタジオでのライブイベントをLobster's Redでやってみる事にしました。

何故スタジオでライブなのか?!ライブハウスでやらない理由とは!?下記に長々書きますが、おおざっぱに言うと

「一週間前でもキャンセル可能でお金もかからんし爆音も出せるライブやってみたい」

です。以下長文です。読みたい方だけどうぞ。

--------------------------------------------------------
ライブハウスでイベントやる場合お金もそうですが、日程や呼ぶバンド等の関係で可能であれば半年くらい前から決めておく必要があります。また、キャンセルする場合も少なくとも一月前で無いとお金取られたりしてイベントの主催者は案外精神削られます。何故精神が削られるかといえば、やっぱりお金です。

イベントをライブハウスでやる場合、週末とかだと最低でも10万円位の金額をライブハウスに納めなくてはなりません。それを例えば5バンドで割るのです。例えばこのケースであれば1バンド2万です。ところが2バンドキャンセルが入ると4万を残り3バンドで割らないといけません。それも厳しいので主催者はイベント開始日までバンドを探し続けるのです。もちろんこれくらい普通に払える人もいるし逆に客呼んでまかなえるバンドもいるのですが。

よく海外と比較して日本のライブハウスのノルマ制の是非についてよく激論が交わされます。そもそも「ライブハウス」ってのが和製英語なのですが、海外でライブが行われるところは食事&飲物がありーので、まずそこで収益を上げています。で、バンドが客呼べばギャラが出る仕組みです。

ところが日本の場合この形で経営しているところは少なく、バンドのノルマがメインの売り上げでなりたっています。理由はあります。

  • アメリカやヨーロッパに比べ初期投資がべらぼうに高い

  • 人を呼ぶためには都会が一番だけど都会は狭すぎてあまり広く作れない。ので食事スペースで作れない。のでバンドのノルマが生命線。

  • しかし日本のライブハウスは施設や機材が素晴らしいそうです。モニターなんて無いのが当たり前とかなんとか。サウンドチェックもやらんところも多いらしいです。


上記の事情を考えると日本のライブハウスでのノルマ制度は仕方ないと思います。

そんなライブハウスでのライブ以外にもう少し気楽にライブ出来ないかと思っていたのです。最初はドラム付きカラオケボックスとか無いかと思ったんですが(笑)そんなものは無いので、いっそリハーサルスタジオでライブやったらどうなんだろうと考えました。それであればキャンセルする場合も一週間前とかでも可能だしと。 音だって爆音でも問題ないぞーと。

本当はカラオケボックスにドラムやアンプ常備してあるところがあれば最高なんですがねw酒頼めばくるしな!
--------------------------------------------------------
長文終わり。

そして今回、主に飯田橋スペースウィズでイベントをやっている【Re:O】さんと共に、その最初の試みとして今回のイベントを行う事にしました。

最初の試みなので不手際等あると思います。全く面白くないものになるかも知れません。なので見てくれる方は当然無料です。無料な上にちょっぴしお酒もしくはソフトドリンクまで無料です。【Re:O】さんが買い出しに行ってくれました。もちろん飲み物自分で持ち込んでも問題ありません!

なので、この新しい試みをお気楽に、ある意味冷やかしに(笑)見に来て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------
イベント名:壊れかけのカーニバル

日時:10/3 土曜日 open14:00 start 14:15
場所:水道橋NODE 303st(3階) http://www.studio-node.com/HomeS.html
住所:東京都千代田区三崎町3-7-5
TEL:03-3230-4646

チャージ無料!飲み物無料!持ち込み可!

出演
14:15- Lobster's Red http://lob.garonne.jp/
15:00- 日曜どうでしょうα

以上です。よろしくお願いします!


土曜日演奏Lobster's Redで演奏してきました!対バンのFunky Dew、T.I.TOKIO、ボギーズの方々が僕らを初めて見るのに演奏中盛り上げてくれたので楽しく演奏できました。

Lobster's RedではギターにオクターバーのOC-3を使って1オクターブ下をベースアンプから出しているのですが、6弦と5弦、4弦の音量差がいつも気になっていました。6弦の音が大きかったのです。今回半年ぶりにLobste's Redのライブやるにあたってこの部分を解消すべくOC-3の後にコンプレッサーを入れてみました。するとかなり音量差が改善されてよりベースの音っぽくなりました。

ギター側もセッティングを見直しました。JC-120にLittle Big Muffをかます場合JCを完全クリーンな状態にセッティングにするとエッジが立ち音抜けが良くなる事に気づきそのようにセッティングしました。

図にしてみた。

このセッティングだとクランチの音が出ないので、そういう音が必要な場合は別途オーバードライブを入れる必要がありますがシンプルな構成なので使いやすいです。

曲は新曲「怒りのポンヌフ」を含め7曲やりました。「怒りのポンヌフ」は珍し6/8拍子です。「ミラクルこねこちゃん」の動画を確認したらPAの方がアドリブでブレイクのところでディレイかますという技をいれていた事に気づきました、面白い(笑)

1.Jack The Ripper(Cover) YouTube
2.教祖気取り YouTube
3.怒りのポンヌフ YouTube
4.ガマガエル YouTube
5.関係無い YouTube
6.少年、ノビタみたいなメガネを捨てる YouTube
7.ミラクルこねこちゃん YouTube

で、今回意外に評判良く(ガマガエルとかこねこちゃんとか)10/25(日)のガロンヌのライブ(詳細はこちら)も見に来てくれるという方々がいらっしゃいました!やったね!

対バンは5月にイベントに出てもらったボギーズとT.I.TOKIO、そして主催のなおさんのバンド、Funky Dewでした。


ボギーズは盟友たろうちゃんが参加、前より日本の曲を多く演奏していました。



T.I.TOKIOは前のメンバーから鍵盤が交代、コーラスとパーカッションが加わっていました。



そして初めて見たFunky Dewですが個人的に一番面白かったです!特にヴォーカルのしのさんはぶっとびました!最高でした!

そして今週末はドラムのTarcisioとAdachiさんのバンド「にゃんにゃんパラダイス」(本当にこの名前でいいのか?)のライブでやんす。詳細はこちら。見に行くぜ!

JUGEMテーマ:ライブ後記




ガロンヌのヴォーカルがみきがドラムを叩きギターのZ.Oが歌う2ピースポンコツパンクバンド、Lobster's Redが8/22に新宿SUNFACEで半年ぶりのライブやります。

日時:2015年8月22日(土) OPEN 11:30 START 12:00
場所:新宿SUNFACE
住所:東京都新宿区新宿5-11-13 富士新宿ビルB1
電話:03-3359-2133
お代:1,500円(1Drink付き)

12:00 Lobster's Red
12:40 ボギーズ
13:25 T.I.TOKIO
14:10 Funky Dew

ボギーズはボーカル、キーボード、アコギ、カホンという構成で洋楽・歌謡曲をカバーするバンドです。
T.I.TOKIOは大人なジャズファンク系のバンドです。
Funky Dewは主催のバンドなんですがわかりません(笑)噂だとファンク系らしいですが。。

自分らは新曲もしくは新しいアプローチを試みる予定です。まあ以前も新しいアプローチやってこけた経験もありますが(笑)フジロックの疲れを癒した後ガンガンリハする予定です!よろしくお願いします!



今年も富Gフェスへ2人バンド、Lobster's Redで参加してきましたよ。

しかもLobster's Red、今年初めてのライブでした(笑)今年はガロンヌのライブが多くて全然やっていなかった。そして今年最後のライブでもあった訳ですが。

富Gへの敬意を込めて毎年彼のカバーを演奏しているが、今年選んだのは「世紀末」。社会問題や個人的な問題挙げ連ねて「オレにはどうしようもない〜」と放り投げるところが気に入っている曲です。

あとは前回8拍子と7拍子によるポリリズムのリフが好評だった「少年、ノビタみたいなメガネを捨てる」、お約束の「ハウリング」、〆の「ミラクルこねこちゃん」で終了。

昔池尻大橋の店で富Gがライブやった時「エロジジイ」のサビで大合唱が起こったんだけどCDとかの音源出している訳で無いのにみんなが歌うってすごい光景だなと驚いた。

でも今は「ハウリング」で同じ光景をみんなが見せてくれている。毎回驚くし毎回嬉しい。今回は1年ぶりに歌ったのでニヤニヤが止まらなった(笑)合唱してくれてる方々に本当に感謝です。



で、来年一発目は1/11、Lobster's Redで大久保水族館でまたやります。


毎年年末に開催される「大人ロック祭り 年末セッション大会!!!」に参加してきた。
もちろんセッション大会なのでセッション(フリーセッションではない)がメインだがバンドのライブも行う。で、Lobster's Redで演奏してきた。

今年の会場は新宿SUNFACE。なかなか音が良くて良かった。で、今回朝の10時から始まったのだが、その始まり直後がLobster's Redの出番だった。持ち時間は15分だったので4曲演奏した。

1.JACK THE RIPPER(Screaming Lord Sutch Cover)
2.関係ない
3.少年、ノビタみたいなメガネを捨てる
4.ミラクルこねこちゃん

「JACK THE RIPPER」は前回に引き続き演奏。「関係ない」は新兵器「MOOER SWEEPER」(ベース用のエンベロープフィルター/オートワウ)を投入。あとはいつも通り。「ミラクルこねこちゃん」はこじんまりしてしまったので次はラウドに演奏したい。

次はガロンヌ、来年1/11(土)でライブ!久しぶりにLARRZと対バンだ!


今年も富Gフェスへ参加してきた。出演順は当日発表なのだが、Lobster's Redはいきなり1発目であった。見にこようとしてくれたローリン氏、うわのそら、すまぬ。。

さらに慌てたのか撮影機材がトラブって動画を取り損なってしまったのであった。

ライブ自体は大胆にも今回は4曲中2曲をカバー曲による構成になった。

1.JACK THE RIPPER(Screaming Lord Sutch カバー)
2.蒲田(GGソウルフルファミリーバンド カバー)
3.少年、ノビタみたいなメガネを捨てる
4.ミラクルこねこちゃん

「JACK THE RIPPER」は黒サソリがやっているのを見てどうしてもやりたくなりカバーした。そして富Gのカバー「蒲田」。アレンジをまったく変更しての演奏となった。


そしていつもの肝心の曲を演奏しなかった。何故か?それはこの日、自分はラフィンノーズのカバーバンド「ジョニセット」のヴォ−カルをやったのだが、そちらのユニットでハウリングを演奏したのだ。

ジョニセットメンバー

ヴォーカル:オレ ギター:ジョニ(現エプロンズ) ベース:うーちゃん(現東京トリス他) ドラム:のりこ(ロデオサポート他)

1.BROKEN GENERATION
2.GET THE GLORY
3.ハウリング

ジャンプが低いとかいろいろ言われたが、とりあえずoiパンクっぽくできたので良しとする。残念ながら動画は無い。

そして大久保水族館からイベントのオファーを頂き急遽来年1/11(土)に東京ガロンヌやる事に決定。まあお気楽イベントだが。こちらもよろろ。



今年もまた富GのトリュビュートライブへLobster's Redで出演予定

2013年11月17日(日)17:00〜
大久保水族館 http://naks.biz/suizokukan/

毎年の事ながら出番の時間は当日にならないとわからない(笑)今年は何をやろうかな?
ちなみにこの日別のユニットでヴォーカルもする予定。ギター持たずに歌うのは4年ぶりだ。不安だ。

そういえば富Gについてだが最近誰かがYouTubeへ1曲だけアップしていたようだ。もし良かったら見てみて欲しい。


-->

profile

記事数:188
最終更新日:2017/05/02

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode