東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」

無事Lobster's Redのライブ終了。

今回はギターのセッティングを自分なりに考えてみた。普通のバンドに比べてギター&ドラムのユニットのLobster's Redは圧倒的に低音が足りない。そこでオクターバーのBOSS OC-3を組み入れ、さらにエフェクト音のみをベースアンプに、ダイレクトアウトにワウを入れて擬似バンドサウンドにしてみた。(下図参照)



SPACEWITHのパクさんと相談してベースアンプ側はよりベースっぽいサウンドになるように調整してもらい本番に臨んだ。結果、想像以上にギター音とベース音が別れ(当然全くのユニゾンなのだが)かなり面白いサウンドになった。

BOSSのOC-3は3つモードがあるがその中のPOLY MODEを使用。このモードは和音に対応するモードでRENGEを変更する事によりオクターバーをかける音の範囲を絞る事が出来る。しかしはっきりこの音までというものでは無く音量が下がっていくポイントを変更する感じである。実際RENGEをフルにしてもせいぜい3弦12フレット目くらいしかエフェクト音が聴こえない。

しかし、その部分がこのエフェクターの面白いところだと思う。音量がギターの音量に追随できない場所があるためにギターとベースが若干別れて聴こえる効果がある。下記の曲のメインリフの6、5弦の音量は大きく4弦より高い音は音量が小さいので5,6弦のみベース音がはっきり聴こえる。



途中間違がえているのはウッカリだ。ただ、お金があればPOGを使ってみたい。高すぎるが。

しかし歪み系以外のエフェクター買ったのは初めてだ・・・と思ったらOC-3にもDIST MODE(歪みモード)があったというオチであった。

コメント
おもろいすねこれ。

個人的に、敢えて少人数でという方向性には非常に浪漫を感じます(笑)。
  • rollingman
  • 2010/08/25 12:22 AM
ありがとうございます!

まあちゃんとしたバンドがあるからこういう遊びも出来るわけで・・・これだけしか無かったら死にます(笑)

一応打ち込みやループを使わず生演奏のみで低音を追加するのが目的だったのでそれは達成できたと思います。
  • Z.O
  • 2010/08/25 9:14 AM
コメントする








   


profile

記事数:216
最終更新日:2020/01/09

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode