東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」


サナギレターズ無事終わりました!ありがとうございます!泥かっこいいよ泥。サナギレターズの次回は未定。東京ガロンヌは来年2/15(土)に大久保水族館で主催イベントを行います。詳細後日!
このエントリーをはてなブックマークに追加
サナギレターズ

年に1回位しかライブをやらないバンド、サナギレターズがライブやります。2日間に渡って行われる三鷹のライブイベントに出演します。15:50からの演奏予定です。

イベント名:MiLive(3)

https://www.facebook.com/events/2150359018590092/
日付:2019/11/29(金)〜11/30(土)
時間:29日 OPEN12:30 START 13:00 / 30日 OPEN12:30 START 13:00
場所:三鷹シティホテル地下
住所:東京都三鷹市下連雀3-21-5 https://goo.gl/maps/iuqVm5bY9L4gDwBr5
チャージ:1,000円(1Drink付)
MiLive(3)

11/29(金)
OPEN 18:30 START 19:00
19:00 S.T(スクラムトライ)
19:25 岩本 祐樹
19:50 アディナーダ(ナツ&ヨシ)http://adinada.com/
20:15 B.B.F.

11/30(土)
OPEN12:30 START 13:00
13:00 Surprise
13:40 W-HANS
14:20 cotton candy(コットンキャンディ)
15:10 Rubatos(ルバートス)
15:50 サナギレターズ https://www.facebook.com/sanagiletters/
16:40 戎& the ラガーメン
17:20 泥
このエントリーをはてなブックマークに追加

Am9というコード名が題名に入っている


ギターやピアノのコード名を入れた曲名というと、邦楽であればGO!GO!7188の「C7」が思い浮かぶ人が多いと思います。他にもコード名が入った曲名はあるのかも知れませんが、自分は1985年に発売されたTOSHITAROというアーティストの「Am9にジェイ-鋭角ボーイでいてくれよ-」を思い浮かべます。

すごいですね。Am9ですよ。テンションコードですよ。音楽やっていない人は「エーマイナーナインス」なんて読めないです。何故こんな題名にした?事実僕は「アムグにジェイ」と読んでました(当時ギターやっていなかったので読めなかった)。この曲はThat's EM-XというカセットテープのCMにも使われましたが、大ヒットとはいかなかった曲です。下記動画はそのCMです。


ヒットしなかったのは題名のせいもあるんじゃないかと思うこの曲ですが曲中「Am9」を全部で7回言います。先に挙げたGO!GO!7188の「C7」が歌の最後に一回だけC7が出てくるのに比べると立派なAm9な曲と言えるでしょう(?)

ちなみにサビは「オーAm9ならオレのハートが聴こえる」(コードはAm9を使っている)と歌っているのですが、先に書いた通り僕はAm9を読めなかったので「あーにゃーにゃにゃにゃにゃな、おれのハートが聴こえる」にしか聴こえませんでした。

男性から男性へのラブソング


この歌は歌の途中で「ジェイ、ジェイ、ジェエエエエイ」と歌っているので、僕は「ジェイ」すなわち「J」という人に送ったラブソングと考え、そして「J」という響きから男性から男性へ送ったラブソングだという思いました。

サブタイトルにもなっている「鋭角ボーイでいてくれよ」という歌詞は「J」という男性が元恋人の歌の主人公(男性)に向けて言っているセリフだと思い、男性同士のラブソングなんてすごいな、大人の恋愛は深いなーと思いました。

ところが最近ネットで調べたら途中の英語の部分が「She Got Married」と歌っている事が判明し、普通の男女の恋愛の歌としってがっかりしました。おそらく「J」は「Jack」ではなく「Julian」とか「Janis」の頭文字なのでしょう。がっかりする理由なんて考えみてみればないのですが、なんとなく。

現在この曲は配信されていない


そんな「Am9にジェイ-鋭角ボーイでいてくれよ-」ですが、現在どこにも配信されていません。中古CDはほぼ入手不可能です。1985年という時代なので、アナログだけでCDを作っていない可能性もあります。

しかし、コード名(しかもテンションコード)を題名に据えているとても稀有な曲なので「Am9にジェイ-鋭角ボーイでいてくれよ-」是非配信して欲しいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

三鷹駅南口から徒歩15分くらいのところで三鷹市南銀座会というところが9/7(土)に「なんぎんライブ」というお祭りを開催します。空手の演武やダンス等もある地元感あふれるお祭りです。下の動画は簡単な紹介動画です。
https://www.youtube.com/embed/LJuydXxlMdo"


自分らは一昨年から参加していまして、去年、一昨年は2人バンドLobster's Redで参加していたのですが、今回はちゃんとしたドラムが使えないという事でみきが歌って自分がギターを弾く「ガロンヌハーフ」としてガロンヌの曲を中心に演奏します。

出演時間は12時30分の予定で、もちろん無料です。

なんぎんライブ
場所:三鷹市下連雀4-14 NTT東日本駐車場
https://goo.gl/maps/xEE1os1MSsRdL2ax7
※場所はJR三鷹駅南口から徒歩15分位のところです。

11:40 〜 20分 jumpie
12:05 〜 20分 アディナーダ
12:30 〜 20分 ガロンヌハーフ
12:55 〜 20分 岩本祐樹
13:20 〜 20分 MICAH(ミーカ)
14:10 〜 15分 佐藤 健次
14:55 〜 10分 小笠原空手道場 空手演武
15:10 〜 10分 crazy girls
15:40 〜 15分 目黒 真実
16:00 〜 25分 W-HANS(ダブルハンズ)
16:30 〜 20分 いちゼミギター部

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日LARRYZのライブ見に行ったんです。

ハッチさんがLARRYZの4代目ベーシストとして加入してからまだLARRYZを見てなったので、本当はみきさんと2人で行く予定でした。しかし、みきさんが体調悪くして自分だけ行く事になったのですが、みきさんからあるひとつの指令を受けました。

それはハッチさんの「くそポエム」を買ってくるという事です。新ベーシストのハッチさんは何故か詩集を出しておりまして、しかもそのタイトルが「くそポエム」というよくわからないものなのですが、みきさんは妙に気になったようです。


さて、ハッチさんが加入したLARRYZは前のベースのスズッモっちゃんとは違う、丸い感じの音でLARRYZにまた違う雰囲気ではあるものの、そこはクゼさんなのでやはりLARRYZな音でまたこの先が楽しみなバンドになってました。

ライブ終了後僕は「くそポエム」を買ったのですが、値段が1,000円(ライブ会場特別価格)と聞いてちょっと驚き、しかもその価格なのに売れば売るほど赤字になると聞いてさらに驚き世の無情さを感じ入ってしまいました。

帰りの電車の中でちょっと読んだのですが、この「くそポエム」、マジでクソです。クソしかありません。クソなポエムな上同じポエムが2か所掲載されていたりしてメタクソにクソです。ところが、クソなポエムを読み続けていくと奇妙なグルーヴが出てきて、マジでクソなのに、笑いたくないのに笑ってしまうという、クソ恐ろしいものです。

ただ、1,000円(ライブ会場特別価格)はちょっと高いかなーと思ってみきさんに渡したのですが、彼女は読み続けていくうちにどんどんのめり込んでいって笑い出し、ついには過呼吸気味な状態になりました。彼女は本当に興奮すると過呼吸気味になるのですが、それはめったに無く、ここ数年でも多摩動物公園で子チーターを見た時くらいにかこの状態になった事ありません。

寝る前なので、あまり興奮するとよくないからと僕は読むのを止めたのですが、彼女は止めようと思っても止まらず、そんな興奮状態で喜ぶ彼女を見て「くそポエム」1,000円(ライブ会場特別価格)は安かったなーと思うのでありました。

人を選ぶとは思いますが、刺さる人にはめっちゃ刺さる「くそポエム」、今ならBOOKSで発売中!(ハッチさんなんか下さい!)https://bccks.jp/bcck/159174/info
くそポエム


さらにそんなLARRYZ、8/31(土)に新松戸ファイヤーバードでライブやるそうです。

8/31(土) 【夜の部】しゃぶりなベイビーズ presents MadCity Rockers vol.7
しゃぶりなベイビーズ
THE BARIUM PILLZ
SNEAKIN' NUTS
The Akabane Vulgars On Strong Bypass
Larryz
DJ:カナリヤトミー(Weekend Rockers)

OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000


しかし新松戸遠いわ
このエントリーをはてなブックマークに追加
-->

profile

記事数:215
最終更新日:2019/12/09

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode