東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」

士農工商ロックドラマー、Tarcisioです。
自分のドラムの原点はなんだっけ、という駄文を垂れ流します。

学生の頃に聞いたアルバムの一つに、Led Zeppelinの「How The West Was Won」というアルバムがあります。
2003年にリリースされた、72年頃の未発表ライブ音源を正式に出したアルバムでした。同時期にDVDも発売されました。
まぁ、すごいアルバムでした。編集されているとはいえ3枚組、Dazed And Confused とかWhole Lotta Loveを平気で10分以上収録するアルバムであります。
Zepは好きでしたけども、聞きまくったというとやっぱりこれだったかなぁ、と思います。

ところで、その当時はまだドラムはやっておらず、「そのうちドラム叩いてみたいなぁ」くらいに思ってた時期でした。
その後2004年の春くらいに、ベースを弾く友人から「ギタリストが見つかったからバンド組もうと思うんだけど、ドラムやってみる?」という誘いを受け、士農工商ロックドラマーへと足を踏み外してしまったのであります。

楽器を始めるとき、その当時に好きだった音楽から大いに影響を受け、それがプレイの根底に根付くのではないかと思います。ドラムに限らず。
というか、普通は「あのミュージシャンが好きだから、自分も演奏してみたい」というのがきっかけというのが多いはずだと思います。習い物のピアノとかクラシック楽器以外は。そんなわけで、わたくしのドラムは、当時よく聞いてたZeppelinに大いに影響を受けているのではないか?と今更ながら思ったのであります。椎名林檎の初期にも影響される部分もありますけども、それも当時よく聞いてたからかと思われます。

なんでそんなことを思ったかというと、10年ぶりくらいにHow The West Was Wonを図書館で借りてきて(CDが手元になかったので借りた)聞いたところ、あーこれオレ真似しようとしてたフレーズだったよなぁ、というのがかなりあったのであったからです。ガロンヌの曲では、タルチズムの後半の部分で6連符ぶち込むのとか、あれ完全にボンゾの影響だと思います。音に関しても、スネアの音はボンゾの音を目指してチューニングしますし、パイステのシンバル使うのも、あの音がかっこよかったから、ってことなんですよね。キンキンしたシンバルの音、大好きです。

そんなことを、数年ぶりに聞いて思い出したというか再確認したというか、そんなことを思ったのであります。たまには思い出してみるということも、新たな発見になるかもしれませんよね、ってことで書いてみたのでありました。



ステマとかアフェリエイトとか興味ないので、How The West Was Wonがどんなアルバムなのか知りたい方は、適宜ググってください(リンクは貼りません)


こんにちは。画像は吉祥寺のBACKPACKER'S CAFE 旅人食堂です(ステマ)。

2/12のライブが急遽無くなってしまったわけですが、今回我々は新曲を3曲も導入してめっちゃやる気ではあったんです。新曲のためにエフェクターボードにディレイとビットクラッシャーとループセレクターまで増設した位(笑)そんな気持ちを持て余し先週のプレミヤムフライデーに吉祥寺の旅人食堂でくだ巻いてました(10倍くらい話盛ってます)。

ところがなんと、4/1(土)昼間歌舞伎町ゴールデンエッグのブッキングに入れてもらえる事になりました。あら、めでたい!


場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ http://www.g-egg.info/
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビルB2F
日時:2007年4月日(土) OPEN 13:00 START 13:30
CHARGE 1500(1D付)

act:
・翔-kakeru-
・ゆかはゆか https://twitter.com/yuka_ha_yuka
・東京ガロンヌ http://garonne.jp/


大久保水族館のマスターについては退院のメドは立たないものの命に別状ないと聞いて一安心しました。現在はマスター代理の山下さんがマスターの留守を守っています。マスターの回復を願っております。

【ライブ中止のお知らせ】

大変申し訳ございません!!お店側の都合により、明日のライブが中止になりました。ご予定に入れてくださっていたみなさま、大変申し訳ございません。

ご注意:
大変申し訳ありません。お店側の都合により、明日のライブの延期が決定致しました。予定に入れてくださっていたみなさま、大変申し訳ございません。



ガロンヌは去年の7月からライブやっていません。でも何もしていなかったわけでは無くて曲作ってました。

今週末2/12にThe Rumbing Sounds主催のイベントに誘われまして、ひさしぶりにライブやります。このイベントはhe Rumbling Soundsのメンバーが他のバンドの演奏に参加したりする特別企画です!当然ガロンヌにもゲストプレイヤーが入ります!

しかも今回はなんと新曲を3曲投入します!いろいろ緊張感あふれるライブになりそうです(笑)もしお時間と心とお金に余裕のある方は見にきて下さい!
ご注意:下記イベントは中止になりました
日付:2017年2月12日(日)
時間:OPEN 18:00 / START 18:30
場所:大久保水族館 Web
住所:東京都新宿区百人町1-10-7-B1 Google Map
お代:1,500円 1Drink付き

出演:
18:30- 中西大作
19:15- 東京ガロンヌ
20:00- 猫のナマステ
20:45- The Rumbling Sounds

ただ、今ドラムのたるちしおさんがインフルにかかってしまったようです。どうなることやら。。



JUGEMテーマ:ライブ告知





メンバーの突然の怪我や身内の不幸等でライブの時にメンバーが参加できない事がわかった時どうしようか考えますよね。特にロックバンドは最小限の編成である事が多いのでキャンセルしたりヘルプを頼むケースが普通だと思います。でも敢えてメンバーが足りない状態でライブを敢行するのもまた面白いと思います。

そんなわけで、自分が体験もしくは見聞きしたライブ直前にメンバーが欠員した状態でライブを敢行したケースを書き綴っていきます。

レベル1.ギタリストの片割れがいない


ギターが二人のバンドやギター&ボーカルとギタリストがいるバンドで片方のギタリストがいない状態です。有名なケースだと「エアロスミス」の来日ツアー中でありました。1988年6月26日横浜文化体育館でのライブでブラットウイットフォードが急遽帰国しなくてはならなくなってギターがジョーペリーだけになったのです。エアロのライブで全てのギターソロをジョーペリーが取るとか無いので見た人は得したと思います。

あと身近な例では先日自分のイベントに出てもらった「アネモネ」もこのケースですね。どうにかなりそうなんですが、意外に難しいケースです。特に役割分担がはっきりしているバンドは大変そうですが、とりあえず演奏は成り立ちやすいとは思います。

自分が目撃した別のケースだとカバーバンドのライブで片割れのギタリストが二日酔いで来なかったライブがありました。電話しても連絡付かなくて結局そのままそのバンドはライブやったんですが(元曲知らないのばっかだったので全然違和感無く見れました)、何故か僕はその来なかったギタリストにロックを感じました(笑)もちろん自分のバンドでやられたらブチ切れますけどw

レベル2.鍵盤がいない


昔の自分のバンドでありました。鍵盤がインフルエンザになって急きょ出演出来なくなったケースです。ライブは普段よりコード弾きパートを増やしたり音を埋めるようにして乗り切ろうとしたのですが、当日演奏中にベースのアクティブピックアップの電池が切れてベースが聴こえなくなるアクシデントまで起こってそれどころではなくなりましたw

レベル3.ベースがいない1


2015年11月の自分のイベントに出てもらった「あいうえお」というバンドがこれに該当しました。彼女達の編成はヴォーカル&ギター、ベース、鍵盤、ドラムという編成でしたが、鍵盤がベース部分もカバーして素晴らしい演奏をしてました。

レベル4.ベースがいない2


上と同じ状況ですが、このケースはヴォーカル、ギター、ベース、ドラムの編成のバンドでベースがいない状態です。メロディがしっかりあるギターソロがある楽曲が多いとギターだけではベース部分をカバーする事は難しいと思います。

以前ヴィジュアル系のバンドがこの状態でライブをしたのを見た事があります。彼らはヴォーカルが「弾けないベース」を頑張って弾きながら歌ったのです。弾けないベースを弾きながらだったので当たり前ですがベースはメタクソ、歌もボロボロでしたが、それでも演奏する彼らの姿はロックで良かったです。

レベル5.ヴォーカルがいない


実は自分のバンドのケース。うちのヴォーカルが入院が長引きライブに間に合わない事がわかった時ですね。基本こういったケースでは他のメンバーが歌うしかないと思うのですが、自分のバンドの場合女性ヴォーカルバンドで他のメンバー男性なのでいろいろ考えました。

まずメインで歌うのは自分がやる事にしたんですが、まずインスト曲を作ったりドリフターズの早口言葉をカバーして間奏を引っぱったりして歌う時間を極力短縮、そしてリハの時に自分が歌っても比較的問題が少なそうな曲を演奏して乗り切りました。

レベル6.ドラムがいない


自分が見たケースだと「バリルブロンコ」というベース&ヴォーカルとドラムの2ピース編成のバンドでありました。
ドラムの方が入院してしまったのですが、ベース&ヴォーカルの人がベースで弾き語りしてライブを行いました。ある意味2ピース編成だから出来たとは思います。普通のロックバンドだともっと難易度あがりますよね。

例えば4人編成のロックバンドとかでドラムが出演出来なくて、ヘルプ無しでそのままライブした経験がある人とかいらっしゃったら、どう乗り切ったのか知りたいので教えて下さい。

レベル10.ドラムしかいない


なんとドラムしかいないケースです。これはツイッターで知りました。


このツイ−トを見た時魂揺さぶられました。では実際彼らはどうライブやったのか?実際の映像を見てみましょう。


注:「佐伯市民」はバンド名です。

ギターヴォーカルだけが演奏している動画に合わせてドラムを演奏するというその諦めない魂に心打たれるのです。佐伯市民素晴らしい!

レベル10.ドラムとギターがいない


これは一昨年知り合いのバンドであったケースです。ライブ直前ギターが入院、そしてドラムが参加できなくなってしまったのです。出演できるメンバーはヴォーカル、鍵盤、ベース。しかし彼らはその編成で曲をアレンジしてライブやりました。何も聞いてなければ最初からそういうメンツだったと思うくらい自然な仕上がりで驚きました。

レベル99.全員いない


ただのドタキャンです。ノルマだけは払いましょう。音信不通はやめてねw

番外編:機材車が来ない


これは某ヴィジュアルバンドをやってたギタリストに聞いたケースです。新潟でライブやった時バンドメンバーは電車で現地にいたのですが雪の影響で機材車が間に合わなかった事がありました。

そこで彼らは演奏せずにトークイベントへ切り替えたんですがファンも多かった事もあって好評だったそうです。「ライブ」はキャンセルせずに「演奏しない」という選択肢をとれる臨機応変さは素晴らしい。

まとめ


キャンセルするという選択肢も大事です。それを踏まえた上でどうするか考えないといけないかという結びでこの話は終わりです。あとライブ前日の深酒には気を付けよう!w

-->

profile

記事数:191
最終更新日:2017/07/28

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode