東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」


ちょっと前、Larryzの「夜明け前」という曲のMVの素材撮影の手伝いしてきました。動画撮影と静止画撮影をしたんですが中々面白かったです。

でそのMVが先日完成しました!編集、演出はLarryzのクゼさんです。カッコよく出来てるので是非見て下さい!

自分が撮影したカットが使われてたりするとニンマリしますねw考えてみると自分が他の人の撮影した動画を編集する事は多々あるんですが、自分が撮影した素材を編集してもらったのは初めて新鮮でしたわ。

撮影終わった後Larryzのメンバーと飲んだんですが、その時自分が「昔ジャズとかファンクは聴かなかった。ギターが歪んでいない音楽に興味が無かった」と言ったら笑われたw本当に昔はギターが歪んでいない音楽は自分にとっては興味の対象外だったからしゃーない。

そんな感じで次回の更新は東京ガロンヌ、2/12(日)大久保水族館に出演告知記事になると思います。よろしゅー

私2015年11月のUFOクラブで水色赤のライブを見てハートを鷲掴みにされて以来水色赤の大ファンでございます。今回の記事は去年出た水色赤のアルバムの簡単レビューです。書こう書こう思ってて3ヶ月経過してました(笑)

水色赤 『化色拾遺譚』(2016年10月28日発売)


壱、化色外法
弍、寒村詩集(抄)
參、陀羅尼
肆、化け人
伍、面影双紙
陸、志士魍魎

入手先はこちらからどうぞ

実際のCD


まず封筒を開けると筆(筆ペン?)の手書きの手紙付きだーー!!!内容は秘密だぞ☆


そしてCDケース。普通のCDと開き方が逆でございます。縦書きの本と一緒とは中々にくい事してくれる。


次にCDを開くと小さい折り鶴がおるやんけーーー!!こういうところもグっときますな!印刷じゃないよ!本物の折り鶴だよ!


こちらは盤面。CDのジャケから盤面のデザインまで統一感も素晴らしい


これは切手型のステッカーすごいそれっぽいw100nipponってなんだよww


歌詞カードもとてもいいけど、見たい人は買ってからのお楽しみだぞ☆物体面はこれくらいで以下各曲の簡単な感想です。

曲の感想


化色外法
60年代ガレージ色が強い短いインスト。メロディとファズがたまらんw

寒村詩集
ライブでは何度か聴いている曲。テンポは速くないがそこそこ激しい曲。変拍子が入ってきたりしてそこが好きだったり。未散さんの声ものびやかで気持ちいい。そしてファズがたまらんw

陀羅尼
牧歌的で昭和の映画の中で子供がマリつきながら歌っているような雰囲気の曲。語りで二人の声が重なるところの空気も好きです。「寒村詩集」と違って奥行きのあるサウンドになっています。

化け人
これもライブでは結構やっている曲ですね。イントロ〜Aメロのリフが水色赤って感じですw
エンディングもいい意味で唐突で好きです。

面影双紙
「鬼さんこちら」のフレーズが印象的の曲です。前作収録「行き止まり」でも「通りゃんせ」のフレーズを入れてきたりとか、こういうのをナチュラルにブっこんで違うカッコいい曲に仕上げるのがすごい!そして歌メロはかなり古い日本の歌っぽい感じなのに間奏のリズムは完全にロックだったり、こういう事やる人たちって案外いないんだよな。そしてファズが(以下略

志士魍魎
これは主に2つのセクションがある曲なんですが最初のセクションの終わりのギターとベースの絡みがすごい好みです。そして劇的に導入される激しいセクションの部分は激しいのに切なくなるのがなんとも言えません。ここの未散さんのベ−スのドライブ感最高です!そして最後は静かに終わってこの曲もアルバム全体も余韻を持って終わります。

まとめ


水色赤のライブ見て気に入った人であれば絶対「これだ!」と感じてくれる音源だと思います。ミックスもサウンドもかなり気に入ってます!てか悪いところが見つからんwさらにジャケとかケースとか水色赤感満載です!さらに水色赤知らない人には逆にこれを聴けばわかるという素晴らしい入門用音源だと思います。

今年も東京来てくれるみたいだから見にいきますぜー!

このアルバムの予告動画です。これ見ると雰囲気だいぶわかりますので見てみておくんなまし!


しばらく最低月1回の更新がとうとう先月で途切れました。

先月ガロンヌのベースとガロンヌのイラスト描いてくれたぬみこさん、そして自分とみきで三峯神社行ってきました。

車中で自分達のCDを聴きながら行くというナルシストぶりを発揮ししたり



途中砕石したっぽい山があったり。



狛犬の代わりに狼の像だったり



3つの鳥居が合体してたり



見晴らしが良かったり



大山倍達の記念碑があったり



ヤマトタケルの像があったり



サクラカラーのベンチがあったりとなかなか愉快な場所でした。



ちなみに運転はすべてベースのイケダでした。多分5時間くらい運転してたんじゃないかと。本当にお疲れ様、そしてありがとうです!前に身延山とかにも行った事あるんですが、山の上の寺院や神社は趣がありますだ。


画像はガロンヌのCDジャケです。キャラクターデザインはぬみこ画伯です!ありがとうございます!

で、今日の話題・ISRCです。今回のレコーディングにあたって各楽曲にISRCを取得しました。

ISRCとは「International Standard Recording Code」の略称で、日本語で「国際標準レコーディングコード」といいます。

レコーディング(オーディオレコーディング及び音楽ビデオレコーディング)の識別に利用される唯一の国際標準コードです。ここで言う「レコーディング」とは「収録及び編集の作業によって得られた成果」をさし、バージョン違い(リミックス)やタイム違いをはじめとする「視聴覚的に識別できるもの」は全て異なるレコーディングとして扱われます。

1つのレコーディングは1つのISRCによって識別されます。異なる複数のレコーディングに同一のISRCを付けたり、単一のレコーディングに複数のISRCを付けたりすることはできません。また、一度付番したISRCを変更することはできません。
引用元:https://isrc.jmd.ne.jp/about/index.html



iTunesに登録する時、例えばTuneCoreはTuneCore側でIRSCを割り振ってくれる登録する必要はありませんが、ほかのディストリビューター(iTunesに登録してくれる業務を行っている会社)の場合(例えばROUTER.FM等)ISRCは自分で取得する必要がある場合があります。のちのちiTunesに登録するためにISRCを取得をしておこうと思ったのです

で、ISRCを申請するためにはユーザー登録をしなければならないのですが、こ の ユ ー ザ ー 登 録 が 嫌 が ら せ の よ う に め ん ど く さ い

1.住民票、印鑑証明書(3ヶ月以内)を役所から貰う
2.書 類 事 前 審 査 の た め 上 記 書 類 を F A X す る。えええ!?今時FAXとかアメリカ人に言ってら信じてもらえない!
3.上記書類審査で不備があった場合メールで連絡が来て(え?)書類の画像をメールで送れと要求してきます(FAXの意味は一体!?)
4.審査通過後1の書類を郵送します。結局郵送するならFAXいらんじゃん!
5.RIAのサイトのユーザーID、パスワードがメールで送られてきます
6.ログインして楽曲を登録、申請料金(1曲税込324円)を銀行で振り込みます。ク レ カ ・ w e b マ ネ ー は 使え ま せ ん

FAXなんて家にあるところなんて今時あるわけない。わざわざコンビニまで行って金払うのだよ?どうしても郵送前に何か確認したいならメールに書類の写真添付すればいいやん。だって、それ以外のやり取りは全部メールでやり取りしてんですよ!日本レコード協会、やってる意味わからんよ。FAXが無ければ曲の申請すら受け付けないというこの態度どうなんよ?いやがらせかよ!

申請が通ればID、パスワードが発行されて以降は曲の登録はネットで出来るようになるんです。なんでFAX必要なの?メールあるんだから使う意味わからない。わざと不便にさせてるとしか思えない。お金も振り込みだけだし!クレカとかwebマネーとかにしてほしい。

昔はどの国からでもISRCを発行してくれる海外のwebsiteがあったのですが今見当たらなくなってしました。もしあれば誰か教えて下さい。

そんな苦労してISRCを付与されたガロンヌの1st CD(CD-Rですけどねw)は明日の土曜日の吉祥寺曼荼羅のライブで手売りしますwよろしくです!


年末の話。

ある夜夢を見た。トラがたくさん出てきた。右手かまれた。
かわいかった。調べたら吉夢だった。運気大上昇だそうだ。

彼女も夢を見た。白い蛇がたくさん出てきたそうだ。
調べたら金運ハンパ無いので宝くじ買ったら当たるとの事。

これが同じ夜に見た夢だった。なので生まれて初めて宝くじ買いました!全部外れました!

もう夢占いは信じない。

宝くじも一生買わない。



先日レコーディング終わりました。6曲+別テイク1曲の計7曲レコーディングできたのは良かったですばい。

自分らは鎌倉の山の中にあるS.I.F Recording Studioというレコーディングスタジオでレコーディングしたのですが、そこだとドラム、ベース、ギター、ヴォーカルがせーのの1発録音、だけど音被り無しという自分にとって理想的やり方が出来ました。

ドラムがある部屋でヴォーカル以外いるのですが、ベースはライン録り、ギターはキャビネットを別の部屋に置くことでドラムのマイクと被らないようにします。で、ヴォーカルはサブルームで同時に録音する形です。これで差し替え可能かつ1発録音が出来ます。但しもう1本のギターやホイッスル、タンバリン等はオーバーダビングとなります。

ガロンヌ初のレコーディングとしてこのやり方は良かったです。わりとポンポンレコーディング出来たしドラムとヴォーカルはかなり綺麗に録音できました!でもギターの音づくりをもっとキッチリやるべきだったと反省しています。

スタジオもシチュエーションも良かったし休憩室にマリオカートがあったりと(笑)かなりいい環境かつ結構やりやすかったです。次回もここを使おうかと考えています。

そして今知り合いの某ギタリストにミックスダウンをしてもらっています。最初自分でもやろうかと思ったんです。某ライブハウスの店長で知り合いのマスタリングとかやっている方にアドバイスまで頂いたのですが、出来ませんでした。ミックスダウンとかマスタリングとか奥深い事は聞いていましたが、まさか入口で躓くとは思わなかった(笑)

でも結構うまく録音できたのでガロンヌ初音源にしようかと思っています。完成したら聴いて下され。

まだ先の話ですが珍しく4/29に六本木Club Edgeでレッチリのカバーバンドでギターのヘルプやります。レッチリのカバーバンドは一昨年ヴォーカルでヘルプでやったけど、ギターでレッチリカバーを最後にやったのが8年前まで遡ります。そして、その8年前が今ガロンヌでベース弾いてるイケダとの初めて会った日だったりします。

この日は今ガロンヌでドラムやってるTarcisioが主催したイベントで、メガネかけてきた女性は割引になるという「めがねっ娘割引」なるものを盛り込んだ一部の人にはたまらない、それ以外の人はどうでもいい画期的(?)な企画だった。

そこにイケダが参加しているバンドも出演。確か女性ヴォーカルのバンドで現メタライのチバさんがギター弾いてたような?ちょっと記憶があやふやだ。しかし彼の足元にあったものは覚えてる。アーミーグリーンのばかでかいエフェクターがあったのだ!下の画像は当時の記憶を再現したアーミーグリーンのばかでかいエフェクターの図だ!

当時の記憶を再現したアーミーグリーンのばかでかいエフェクターの図

今思うとロシアンマフのような気がするが当時はわからなかった。その上あんなにぶ厚いエフェクターを見たのは初めてだった。ただ何となくファズじゃないかと思ったけど、それらしき音は聴こえずどこで使っているのかわからなかった。で、気になったので演奏終わった後に話しかけにいった。

【2/8追記】まごうことなく新品の7千円のロシアンマフだったとの証言が得られました

俺「あのでかいエフェクターは何ですか?どこで使ったんですか?」
イ「ファズです。使ってません。舐められないようにハッタリで置きました。」

多分彼と最初に交わした会話がこんな感じだったと思う。ハッタリのためにでかいファズを持ってくる発想にロックを感じた(笑)

再会するのは2009年7月の国分寺駅。ガロンヌ結成の際にベーシストとしてTarcisioが連れてきてくれた。そしてオレは「初めまして」とほざいた(笑)すっかり忘れてたようだ。今は思い出したけど。ちなみに今そのファズは黒サソリのギターの手元にあるらしい。彼にあげたのはDEVI EVERだそうです。

なんて事を思い出したので記事にしてみた。今週末は初レコーディングです。



あけましておめでとうと言うにはあまりにも遅い。画像は某スタジオの壁です。TwitterでTweetしたら1,500RTされました。そういえば去年無くしたと言ったZOOM Q3、スタジオの人が保管しててくれて手元に戻りました!ありがたい事です。

今年はレコーディング以外の予定がまだ無いのでのんびりしています。誰かイベント誘って下さい。


で、今回はめずらしくバンドにおける曲の扱いについて語ろうかと思います。

例えば、とあるバンドでギタリストがリフとコード進行だけ作ってきてスタジオで全員で仕上げた曲があるとします。ギタリストはリフとコード進行しか作っていないのでヴォーカルのメロディラインはヴォーカルが作りました。曲全体の構成はメンバー全員で考えて、さらにメロを追加して完成しました。するとこの曲が誰の作曲なのかもめました。


  • [1].ギタリストの主張「曲の大元をオレがゼロから作ったのだから、この曲はオレの作曲だ」

  • [2].ヴォーカルの主張「メロディラインを作ったのはオレ。だからオレとギタリストの作曲だ」

  • [3].他メンバーの主張「Cメロが無かったのをみんなで考えて追加したのでバンド全体の作曲だ」



それぞれバンドの考え方や成り立ちがあるのでどれが正しいかは一概に言えないです。例えばこのバンドのリーダーがこのギタリストで、バンドの根幹のイメージを保ち強力にイニシアティブをとって運営している場合だと自分は[1]のギタリストの主張や[2]のヴォーカルの主張もありえると思います。

実際自分が参加したバンドの場合で言えばBoing Boing Circusの作曲はリーダーのねこさんでありヴォーカルのさちさんです。これは特にねこさんが強力にイニアティブとイメージを持ってラフ音源を渡されていたので、いかにスタジオで仕上げているとは言っても僕の中でがねこさんの曲です。

しかしそれ以外の場合、このギタリストの主張「曲の大元をオレがゼロから作ったのだから、この曲はオレの作曲だ」というのは曲の全てもメロディ、構成まで完全に作ってきてさらに一切そこに手を加えない場合しかその主張は通らないと僕は思うんです。ヴォーカルの主張も同様です。

プロの場合作曲にクレジットされるかどうかで印税が入ってくるかどうか関わってくるので、もっと複雑でさらに難しい問題になるような気がしますが。

そんな訳でガロンヌの曲は作曲のクレジットはバンドメンバーの名前の連名になっています。名前の順番は単純に年齢の高い順です(笑)実際ジャムって曲作っているので間違い無く全員での作曲だし印税も入って来るわけが無いので何ももめるような事は無いので考える必要も無いんですが念のため(笑)

でも「作曲」ってどこからどこまでが「作曲」なんですかね?なんか考えだしたらよくわからなくなってきました。

最近年始でもライブある関係で年末バタバタしている事が多かったんですが来年ガロンヌはレコーディング以外何も決まってないという状態なので今年は久しぶりにのんびりな年末気分になっております。

鎌倉!


先日レコーディングする場所の下見に鎌倉行ってきました。平日なのにそこそこ人がいたのには驚きました。魅力的で変わった店も多くまた遊びに行きたいです。



手塚治虫文化祭〜キチムシ15


先週は吉祥寺リベストギャラリー創で行われている手塚治虫文化祭〜キチムシ15へ行ってきました。2日目の昼間だったので人も多くなく快適に見る事が出来ました。

そこに展示してあったイラストレーターの山田雨月さんのワンピ−スに目を奪われ一度は買うのを止めて会場を後にしたんですが結局二人で協議の結果また戻って購入しました(笑)ご本人ともお話出来ました!直接イラストレーターや漫画家の方と話する機会なんてなかなかな無いのでレアな経験させてもらいました。他にもヒョウタンツギの刺繍もほしかったけどそちらは断念。

島本和彦さんの本、欲しかったのですが共同執筆者が好きではないので購入せず。。島本さんだけなら買ってました。

額縁購入!


帰りにLOFTの額縁屋に行ってアクリルの額縁を購入。ゆみこ画伯と水色赤の未散さんが描いてくれたガロンヌのイラストを部屋に飾りました。何か部屋がカッコよくなりました(笑)



さらに部屋をデコレイトする野望に目覚めました(笑)でもやるかどうかわかりません。





「東京」という言葉の響きのカッコ悪さは異常だと思うんです。たいがい名前になんでも「東京」つけるとカッコ悪くなります。例えば「東京ガロンヌ」と「大阪ガロンヌ」ではやはり言葉の響きのカッコ悪さは「東京ガロンヌ」だと思います。また「練馬ガロンヌ」や「荒川ガロンヌ」だと狙いすぎてあまり面白くないんです。



関係無いですが昔軽井沢で「ブティック原宿」って店があって衝撃を受けたんですが「リトルニューヨーク」とかに比べれば大した事無いですね。



閑話休題、そうなってくると「東京」という言葉を使ってどこまでカッコ悪い言葉を作れるか試したくなります。早速やってみましょう



スナック東京 - なんか風情が出てきちゃってアリな感じですね

東京セックス - しょうもない恋愛小説小説とかでありそうだな。

東京ヒルズ - これなんかいい感じにカッコ悪い

東京ディズニーランド - おっと誰かが来たようだ

東京国際空港 - 羽田国際空港に比べると東京国際空港は結構昭和な響きになりますね

東京ユリゲラー - ちょっといい感じの響き

東京ハルマゲドン - しょぼそう

東京ギリギリガガンボボーイズ - かっこいい!次バンド組むことあったらこの名前使おう!

東京パノラママンボボーイズ - このユニット良かったな →http://www.teichiku.co.jp/artist/panorama/

快速東京 - このバンドかっこいいよね→Official website

東京ビートルズ

実在しちゃってますが「東京」と「ビートルズ」といういい感じのカッコ悪さを感じます。東京ビートルズはビッグバンドの演奏で日本語の歌詞で歌ってます。この音源もカッコ悪いと言えばカッコ悪いんですが、ある意味突き抜けてて最近ではむしろカッコ良さを感じます(笑)本家も東京ビートルズも見たという高田文夫さんと大瀧詠一さんの対談はこちら。この対談からCDが再販される流れになるという。

東京セックスピストルズ

「東京」「セックス」、さらに「ピストルズ」というカッコ悪さと頭の悪さを感じます。これも伝説のバンド名ですが(笑)まさかと思って検索したら東京セックスピストルズの動画がYouTubeがありました!すごいいい!!

思ったよりカッコ悪い言葉が作る事が出来ませんでした。後半ただのバンド紹介だし。次はもっと頑張ります。

追記:キングオブダサ東京決定!

キングオブ東京を使ったカッコ悪いネーミングは「東京ラブストーリー」です!この安易なネーミングはカッコ悪いです。が、究極のカッコ悪さはカッコ良さに繋がるのでひょっとしたらカッコいいのかも(笑)

-->

profile

記事数:216
最終更新日:2020/01/09

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode