東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」

先週の土曜日、人生初の試み「スタジオでのライブ」イベントを【 Re:O 】さんと共同主催でやってみました。

正直思ったより面白くまた音響面でも良かったです。使ったのは水道橋NODE 303stです。このスタジオは横長だったので下記のように配置しました。コンセプトは文化祭の模擬店(笑)


こんな感じにセッティングしていくとなんか「これいいんじゃない?」感がすごい増して、セッティング終了後誰も来なくても演奏者だけでも楽まるじゃん!的に歓談していたらボギーズやゆうじたろうで鍵盤弾いているたろうちゃん、メタライのハチさん、以前一緒にバンドやっていたdekkaiさん(なんと会うのは数年ぶり)も来たりその他いつもの中西さんとかガロンヌのベースとか来てくれて椅子はほぼ満席になりました(少ない笑)人に向かって演奏してる感が半端なく感じてなかなか新鮮でした。

演奏中のLobster's Red。写真は【 Re:O 】さんが撮影


で同じく演奏中の【 Re:O 】さんのバンド「日曜どうでしょうα」以前見たときより演奏がグっとしまってて良かったです!


そして全部終わってからナオキ君が来ました。こいつ相変わらず面白いなあ。終了後ジャムったりなんだりしていろいろ満喫しまして終わりました。

やってみてわかった事

1.スタジオの音なので普段通りの感覚で出来る
2.移動できるモニターが複数あるとやりやすい。
3.1階に大きなスタジオがあるところだと入りやすいかも。
4.フリードリンク置き場をみんなが取りやすい位置にしたほうがいい
5.何かしら照明効果があるものがあると尚可。DJ用の音に反応するやつとか。
6.5人もくれば満席気分が味わえる(笑)
7.重要!トイレが複数ある!並ばなくても大丈夫!

特に1はたろうちゃんが「スタジオでいい感じに演奏出来た時にこのままの音でやりたいって思う事がある。そういった意味ではすごくいい」と言ってましたし自分もそう思いました。

見に来てくれた方はみんなバンドマンだったんですが結構評判良くてまたやってみようかなと思ってます。

6年前の今日池袋マンホールで東京ガロンヌの最初のライブをやりました。

つまり今日がガロンヌの誕生日や!オレたちおめでとう!

画像はドラムのたるちーが持ってたその日のセットリスト。既に覚えてない曲が半分以上あるのが笑えます。


今週末の10/3土曜日に水道橋ノードでスタジオでのライブイベントをLobster's Redでやってみる事にしました。

何故スタジオでライブなのか?!ライブハウスでやらない理由とは!?下記に長々書きますが、おおざっぱに言うと

「一週間前でもキャンセル可能でお金もかからんし爆音も出せるライブやってみたい」

です。以下長文です。読みたい方だけどうぞ。

--------------------------------------------------------
ライブハウスでイベントやる場合お金もそうですが、日程や呼ぶバンド等の関係で可能であれば半年くらい前から決めておく必要があります。また、キャンセルする場合も少なくとも一月前で無いとお金取られたりしてイベントの主催者は案外精神削られます。何故精神が削られるかといえば、やっぱりお金です。

イベントをライブハウスでやる場合、週末とかだと最低でも10万円位の金額をライブハウスに納めなくてはなりません。それを例えば5バンドで割るのです。例えばこのケースであれば1バンド2万です。ところが2バンドキャンセルが入ると4万を残り3バンドで割らないといけません。それも厳しいので主催者はイベント開始日までバンドを探し続けるのです。もちろんこれくらい普通に払える人もいるし逆に客呼んでまかなえるバンドもいるのですが。

よく海外と比較して日本のライブハウスのノルマ制の是非についてよく激論が交わされます。そもそも「ライブハウス」ってのが和製英語なのですが、海外でライブが行われるところは食事&飲物がありーので、まずそこで収益を上げています。で、バンドが客呼べばギャラが出る仕組みです。

ところが日本の場合この形で経営しているところは少なく、バンドのノルマがメインの売り上げでなりたっています。理由はあります。

  • アメリカやヨーロッパに比べ初期投資がべらぼうに高い

  • 人を呼ぶためには都会が一番だけど都会は狭すぎてあまり広く作れない。ので食事スペースで作れない。のでバンドのノルマが生命線。

  • しかし日本のライブハウスは施設や機材が素晴らしいそうです。モニターなんて無いのが当たり前とかなんとか。サウンドチェックもやらんところも多いらしいです。


上記の事情を考えると日本のライブハウスでのノルマ制度は仕方ないと思います。

そんなライブハウスでのライブ以外にもう少し気楽にライブ出来ないかと思っていたのです。最初はドラム付きカラオケボックスとか無いかと思ったんですが(笑)そんなものは無いので、いっそリハーサルスタジオでライブやったらどうなんだろうと考えました。それであればキャンセルする場合も一週間前とかでも可能だしと。 音だって爆音でも問題ないぞーと。

本当はカラオケボックスにドラムやアンプ常備してあるところがあれば最高なんですがねw酒頼めばくるしな!
--------------------------------------------------------
長文終わり。

そして今回、主に飯田橋スペースウィズでイベントをやっている【Re:O】さんと共に、その最初の試みとして今回のイベントを行う事にしました。

最初の試みなので不手際等あると思います。全く面白くないものになるかも知れません。なので見てくれる方は当然無料です。無料な上にちょっぴしお酒もしくはソフトドリンクまで無料です。【Re:O】さんが買い出しに行ってくれました。もちろん飲み物自分で持ち込んでも問題ありません!

なので、この新しい試みをお気楽に、ある意味冷やかしに(笑)見に来て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------
イベント名:壊れかけのカーニバル

日時:10/3 土曜日 open14:00 start 14:15
場所:水道橋NODE 303st(3階) http://www.studio-node.com/HomeS.html
住所:東京都千代田区三崎町3-7-5
TEL:03-3230-4646

チャージ無料!飲み物無料!持ち込み可!

出演
14:15- Lobster's Red http://lob.garonne.jp/
15:00- 日曜どうでしょうα

以上です。よろしくお願いします!



先日twitterで知り合った方のライブを池袋Admに見に行きました。その人はRS GUITARWORKSのTeeBird使っているんです。以前試奏した時にすごい良かったギターです。それをさらにデコーションしてさらにカッコいいギターにしているんです。こんな感じ↓


その方のバンド、「avici」のライブだったんですがいろいろ衝撃的でした。何が衝撃的かというと。

バスドラが32インチ
今まで見た中で一番でかいバスドラ。和太鼓かと思った。

ベースが4人
これも今まで見た中で一番ベーシストが多い。当たり前か(笑)ベース2人までならあるんだが。。

ベースが4人いるのにギターも3人いる

このバンド何やるんだと思ったらこんなですわ

ただでさえカオスなのに途中から楽器どんどん見に来てる人達に渡していっていくというさらにカオスな展開。自分もギター渡されるし。初対面の人間に楽器渡すとか太い神経です。演奏止めずにドラムも交代するし。1曲しかやんないし。そもそも曲かどうかもわからないし。もうバランスとか関係無いし。そんなの気にしたら負けだし。

自分は結構フリーダムな気質だと思ってたんですがダメですね。全然ですね。ベース4人も入れるとか絶対思いつかない。多分ギター弾かせちゃう。今思ったんだけどこれPA地獄だな。

きっとバンドは客席にいる人達もメンバーだと思っているんでしょう。このライブに誘ってくれたaviciのギタボさん(名前知らないw)本当にありがとうございました。この日のライブはきっと僕の音楽人生に多大な影響を及ぼす事必死です。また行きますがその時は酒おごりますわw





「東京」という言葉の響きのカッコ悪さは異常だと思うんです。たいがい名前になんでも「東京」つけるとカッコ悪くなります。例えば「東京ガロンヌ」と「大阪ガロンヌ」ではやはり言葉の響きのカッコ悪さは「東京ガロンヌ」だと思います。また「練馬ガロンヌ」や「荒川ガロンヌ」だと狙いすぎてあまり面白くないんです。



関係無いですが昔軽井沢で「ブティック原宿」って店があって衝撃を受けたんですが「リトルニューヨーク」とかに比べれば大した事無いですね。



閑話休題、そうなってくると「東京」という言葉を使ってどこまでカッコ悪い言葉を作れるか試したくなります。早速やってみましょう



スナック東京 - なんか風情が出てきちゃってアリな感じですね

東京セックス - しょうもない恋愛小説小説とかでありそうだな。

東京ヒルズ - これなんかいい感じにカッコ悪い

東京ディズニーランド - おっと誰かが来たようだ

東京国際空港 - 羽田国際空港に比べると東京国際空港は結構昭和な響きになりますね

東京ユリゲラー - ちょっといい感じの響き

東京ハルマゲドン - しょぼそう

東京ギリギリガガンボボーイズ - かっこいい!次バンド組むことあったらこの名前使おう!

東京パノラママンボボーイズ - このユニット良かったな →http://www.teichiku.co.jp/artist/panorama/

快速東京 - このバンドかっこいいよね→Official website

東京ビートルズ

実在しちゃってますが「東京」と「ビートルズ」といういい感じのカッコ悪さを感じます。東京ビートルズはビッグバンドの演奏で日本語の歌詞で歌ってます。この音源もカッコ悪いと言えばカッコ悪いんですが、ある意味突き抜けてて最近ではむしろカッコ良さを感じます(笑)本家も東京ビートルズも見たという高田文夫さんと大瀧詠一さんの対談はこちら。この対談からCDが再販される流れになるという。

東京セックスピストルズ

「東京」「セックス」、さらに「ピストルズ」というカッコ悪さと頭の悪さを感じます。これも伝説のバンド名ですが(笑)まさかと思って検索したら東京セックスピストルズの動画がYouTubeがありました!すごいいい!!

思ったよりカッコ悪い言葉が作る事が出来ませんでした。後半ただのバンド紹介だし。次はもっと頑張ります。

追記:キングオブダサ東京決定!

キングオブ東京を使ったカッコ悪いネーミングは「東京ラブストーリー」です!この安易なネーミングはカッコ悪いです。が、究極のカッコ悪さはカッコ良さに繋がるのでひょっとしたらカッコいいのかも(笑)

-->

profile

記事数:216
最終更新日:2020/01/09

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode